関節リウマチに人気の入浴剤はどれ?【選び方の3つのポイント!】

関節リウマチは、細胞どうしをつないでいる結合組織が侵されて、全身に障害を引き起こす膠原病(こうげんびょう)の代表格です。関節リウマチの治療の中心は薬を使った療法ですが、治療を受けながら自宅で簡単にできる温熱療法として入浴は人気があるんです。

 

このサイトでは、以下の方がおすすめです。

おすすめの方

関節リウマチに効く入浴剤を探している。
温泉療養をおこなっている。
どんな入浴剤がリウマチに良いか知りたい。
人気にある入浴剤は何か知りたい。
自宅のお風呂をリウマチ用の入浴剤に変えたい
リウマチや神経痛・冷え性にも良い入浴剤を探している。
リウマチの母や父にプレゼントとして探している。
無添加の入浴剤を探している。

 

関節リウマチになると、薬物による治療費は非常に高額です。ですので、なるべく早期にリウマチを寛解(かんかい)しておきたいところです。特に、リウマチの方は、冷え性の方も多いことでも知られており、体の芯から温まる入浴剤が注目されているんです。

予防医学とし見直されてきた温泉学

 

リウマチ温泉

温泉というと、全国にありますよね。じゃらんや楽天トラベル、一休、るるぶ、JTBなどで探すと沢山見つかりますよね。

 

今は、レジャーや観光として温泉が紹介される方が圧倒的に多いですが、昔は、温泉を楽しむだけではなく、温泉医学と呼ばれるものがありました。昭和10年頃までですが・・。北海道大学、東北大学、九州大学などには温泉研究所があったんです。だから、温泉に関する大学の研究は、世界のトップレベルでした。

 

ただ、その後、国は、温泉を医療ではなく、民間療法と位置付けてしまいました。そのため、国の施設は全ては廃止され、現在は、研究機関が存在しません。

 

もし、温泉が民間療法ではなく、国の医療として引き続き研究が進んでいたら、温泉に対する考え方ももっと大きく変わっていたかもしれませんよね。その意味では、非常にもったいない話です。現在は、海外の温泉医学の方が進んでいます。

 

最近になって、予防医学の面で温泉が注目されてきていますが、やはり、今や70万人いるリウマチの患者数も増えていく可能性もあります。ですので、国の医療費を削減していくためには、予防医学は避けられなくなってきているんです。

 

このような事情で、今は国をあげての温泉医療はないですが、近い将来、温泉や自宅温浴は、より注目される存在になることになるでしょう。昔、研究が盛んだった昭和4年、九州帝国大学(当時)温泉治療学研究所所長だった高安慎一博士は、温泉の効果を以下の通り記しています。

 

温泉の効果とは?

1.内分泌または自律神経系統への作用
2.入浴による体内イオンの変化
3.刺激作用
引用元:温泉教授の湯治力 著者:松田忠徳 祥伝社

 

温泉教授の湯治力

リウマチは、原因不明の病気とはされていますが、温泉には効果があることが知られています。普段の生活に取り入れられるものなので、ぜひ、休みが取れれば、温泉地に行くのも良いですよね。

 

温泉地にいくと、よくリウマチに効くと書かれているものがありますが、温泉の効能は、全て同じではないため、しっかり選んでいきたいところです。

 

ちなみに、リウマチの療養として出かける場合は、温泉といっても湯治場を探しましょう。温泉には2種類あって、「循環風呂」とよばれるものと、地下から湧き出てきたお湯を使ったら、捨てる「源泉かけ流し」に分かれます。

 

源泉かけ流しであれば、衛生面だけでなく、温泉源の効能成分をそのまま享受できます。湯治場は、家族旅行のような温泉地とは違い、療養目的でくる方が多く訪れる場なので、日常の生活感溢れた場でもあるんです。

 

詳しくは、書籍「温泉教授の湯治力」に書かれているので、湯治に出かける方は、一読してみても損はありませんよ。

 

ここからは、そんな温泉と並んで温浴で人気のある関節リウマチ用の入浴剤選びの3ポイントです。

関節リウマチ用の入浴剤選びの3ポイント

リウマチに有用な成分が含まれていること

リウマチに対する効果が期待できること。体内にはイオンが存在し、バランスを保つことが健康の秘訣とされておりますが、漢方も同じ考え方で、陰と陽という相反するものがバランスを保つことが健康の秘訣とされています。最近の関節リウマチに効く入浴剤は、生薬を厳選し、組み合わせた入浴剤が人気です。

 

長期的に使えるものであること。

長期的に使う場合、やはり体への吸収もあるため、体に害がないことである必要があります。そのためには、基本的に無添加、添加物があっても出来るだけ少ないものが良いです。

 

リラックス効果が得られること。

神経には大きく、交感神経と副交感神経があり、特にリウマチの方はリラックスな状態である副交感神経を優位にしてあげる必要があります。それにより、自律神経の乱れが減り、ストレスの緩和にもなります。

 

リウマチの入浴剤選びは、ただ単に価格で選ぶのではなく、リウマチに有用な成分が含まれ、リピーター率や実績のあるものがおすすめです。また、ある程度の期間、入浴剤を使うことになるため、肌への影響・負担を考え、出来るだけ添加物の入っていない入浴剤を選びましょう。

 

ここからは、関節リウマチの方に人気の入浴剤をご紹介します。

関節リウマチに効く入浴剤ランキング!

 

カンカイ入浴剤

カンカイ(kankai)入浴剤の特徴

メリット
数ある入浴剤の中でも代表的なリウマチ入浴剤
リピーターも多く、実績のある入浴剤
4、6、9ヶ月間継続でお得な割引特典あり。
冷えを防ぎ、神経痛用としても人気。
お風呂にぷかぷか浮かべるだけだから、簡単!
100%漢方だから無添加。お肌に優しい。
医薬品と遜色ない水準で製造管理しているから安心。
ISO9001取得済み


デメリット
木製浴槽(ヒノキ、ヒバ)、人工大理石では使用できない。

価格 4900円
評価 評価5
備考 多くのリウマチ患者さんが使っている、リウマチの専用入浴剤です。
 
 

生薬のめぐり湯

生薬のめぐり湯の特徴

メリット
国内高級ホテル、ニューオータニでも採用。
入浴剤販売実績9000万袋売れている。
満足度90%以上の高い入浴剤。
5大特典付き
特に、冷え、むくみ、肩こり、肌荒れ、代謝遅れ向け
デメリット
リウマチ専用ではないですが、入浴剤としては長い歴史を持ち、売れている入浴剤です。

価格 1620円
評価 評価5
備考 キャンペーン特価なのでお得です。
 
 

水素のめぐり湯

水素のめぐり湯の特徴

メリット
体内の活性酸素を除去してくれる入浴剤
水素発生器は数万円と高額だが、入浴剤のため格安
シリカやコラーゲンが入っているため、美肌に!
肌荒れ、アトピーの方にも人気の入浴剤。
抗炎症作用があるため、リウマチにも期待。
お試しセットなので、最小限の出費で試せる。
デメリット
継続した場合、kankai入浴剤より値段が高い。

価格 2500円
評価 評価5
備考 水素発生器だと高額ですが、入浴剤のため低価格で使える!
 

 

関節リウマチに効く入浴剤の口コミ・評判は?

関節リウマチ口コミ1

関節リウマチになってから、既に10年以上経過してます。なんとか入院はせずにおりましたが、治療費が高額なため、少しでも良くなる方向へ改善したいと思い、入浴剤を試しました。6ヶ月経過したところですが、毎日入浴していることもあり、昔のような痛みがなくなってきました。家事や仕事も調子よくできているので、この調子でいきたいですね♪

関節リウマチ口コミ2

もともと冷え性な体質で、リウマチになってしまってからは薬しか飲んでいませんでした。ただ、気持ちが塞がっていく感じがあり、どうにか体質改善したいといろいろ探していました。友人から教えてもらったリウマチに良い入浴剤を使うようになってから、少しずつ朝のこわばりが減ってきたので、これならいけるかもという気持ちになりました。今では、朝の支度もできるようになり、嬉しい毎日が続いております♪